ぱじゃくま子育てプチ情報

子育てに役立つちょっとした情報をお伝えできたらと思います! 時々ゲーム、アニメ、マンガも語るよ!

指しゃぶり いつまで大丈夫??指しゃぶりをやめるまでの道のり

指しゃぶり、何歳までやっていて平気なのか、歯並びに影響ないのか、心配になりますよね…。
f:id:pajakuma:20190625142224j:plain


うちの5歳になる子は生後3か月頃から、手や指をなめる遊びを始め、それがそのまま指しゃぶりになり定着し、3歳過ぎまで指をしゃぶっていました。
現在は、歯並びも元に戻り特に違和感の無い口元になりました。

今回は、娘が指しゃぶりをやめるまでの過程をお伝えしたいと思います。

指しゃぶりは成長過程で大切なこと??

ネットで指しゃぶりのことを調べても、自分の感覚を確かめるために必要なこと。辞めさせなくてよい。という言葉がたくさん出てきます。確かに赤ちゃんには意味のある大切な行動です。生後半年頃から以前の手や指をなめる形ではなく、親指をしゃぶるあのメジャーな指しゃぶりの形が定着しました。それを信じ、一歳過ぎまでは気にせず指しゃぶりをさせていました。

ですが、頻繁に指をしゃぶり次第に前歯や、上顎が前に出てくるようになり…。これは、やめさせなければいけないのではと、気になり始めました。

フッ素塗布で通っていたかかりつけの歯科医に相談しました。


3歳までにやめれば大丈夫!

歯科医曰く、3歳までにやめれば歯並びは戻ります。とのこと。

すでに前歯と上顎が前に出てきている状態だったので、信じられませんでしたが、

「なるべく口を閉じるように声をかけてください、お母さんの顔を見て真似するので、お母さんも口を閉じるように」と言われました。

こどもの骨はまだ柔らかいので、口を閉じることによって、もとの正しい位置に戻るとのことでした。

やめるまでの道のり

3歳までは大丈夫という言葉を信じつつ、2歳過ぎから徐々に指しゃぶりをやめるように働きかけていきました。

指しゃぶりをしているときは、気を紛らわすために声をかけたり、たくさんスキンシップをとったり、手を使った遊び(一本橋こちょこちょのようなこと)をしたりと意識して行いました。その効果か年齢的なことかはわかりませんが、遊びに夢中になり集中している間は指しゃぶりをすることも減り、3歳前には日中は徐々に指をしゃぶらずに過ごせるようになってきました。
しかし。昼寝や夜、寝る時だけは辞められない…。しゃぶらないと寝られない…。がしばらく続き…。このまま本当に辞められるのか心配になりました。

この間、指に塗る苦い薬を試そうか(なんだかかわいそうだったので結局試さず・・・)、指しゃぶりを辞めるよう絵本を読んだり(難しい内容で3歳前には理解できず)しましたが、効果は出ず。


そして、歯科医のアドバイスの寝るときはママと手をつないで寝ることを繰り返し続けたら指しゃぶりをしなくても寝られるようになり、その後しばらくすると寝入った後も指をしゃぶらず朝まで寝ることができました。それが3歳を1ヶ月位過ぎたことの頃。

その後も口を閉じるように声をかけ続け、四歳前には徐々に前歯も引っ込み始め5歳になった今ではほとんど目立たなくなりました。

まとめ

即効性のあるやめさせ方ではありませんが、長い時間をかけて、ゆっくりやめることができました。また我が子の場合は世間一般で言われている、3歳までにやめれば歯並びももどるということに当てはまりました。指しゃぶりで悩んでいる方は、焦らずゆっくり時間をかけてみてもいいのではと思います。また、3歳を過ぎてもやめられない場合は、小児科医や歯科医と相談してみるのもいいでしょう。