ぱじゃくま子育てプチ情報

子育てに役立つちょっとした情報をお伝えできたらと思います! 時々ゲーム、アニメ、マンガも語るよ!

保育園 入園準備 持ち物一覧

そろそろ保育園の入園の通知がくるころですね。

無事入園が決まった方は、ほっとひと安心しているところだと思います。

しかしあと一ヶ月ちょっとで入園の持ち物の準備をしなくてはなりません。
入園説明会は3月に入ってからがというところが多いので、そこで持ち物の説明をうけても準備がギリギリになんてこともありえますよね。

今回は保育園入園準備に必要なものは何か、説明していきたいと思います。

f:id:pajakuma:20200218105729j:plain

 


ここではメジャーな準備品をお伝えしますが、各園によって違いがあるので参考にする程度でお願いします。

 ☆全クラス(0~5歳児)共通

◎毎日園に持っていくもの

◯着替え(下着を含む)・・・2~3組
ほとんどの園は1日に1回は着替えをします。
食事で汚れたりするとその都度着替えもするので、園に2、3組着替えのストックを置いて置きます。


娘の通っていた園は、夏場は着替えの回数が多いので、洋服が足りなくなり慌てました。
午前の散歩の後に1回、食後に1回、午後の外遊び後に1回など2~3回着替えてくるのが当たり前の園もあります。
持っていく服が足りず慌ててユニクロに買いに行くことも…

 

◯ループつき手拭きタオル・・・1~2枚
最近は衛生面からペーパータオルを使用する園も増えてきていますが、まだほとんどの園はループつきタオルを使っています。

 

◯口拭きタオル・・・1~2枚
給食の後に手や口を拭くタオルです。
小さいタオルハンカチやガーゼを使用します

 

◯コップ、歯ブラシ
0~2歳で持って行って先生が食後に仕上げ磨きをしてくれる園もありますが、自分で磨けるようになる3歳から持っていく園も多いです。

 

☆0~2歳
◯食事用エプロン・・・1~2枚
0~2歳児クラスは食事やおやつの際にエプロンを使用します。

 

◯紙オムツ・・・5枚程
年齢によって使用枚数が変わってきますが平均して1日5枚程必要になります。

 

〇これらがすべて入る手提げバックやリュック
大き目のトートバックなど
2歳くらいになると自分で荷物の管理をするのでリュックの用意が必要になる場合があります。

 

このように毎日持っていくものは、洗濯して次の日に乾かない事もあるので、倍の数を用意しておくと安心ですね。


◎週に1回持っていくもの(月曜日に持っていって金曜日に持ちかえり)

◯寝具(布団、バスタオル、毛布、シーツなど)
最近は布団ではなく簡易ベットのような、コットというものを使用してお昼寝をする園が増えています。コットを使用している場合布団の用意の必要はありません。
コットカバーはネットで検索すると出てくるので調べてみてください。
こちらでおすすめコットカバーを紹介します

入園準備 コットカバー おすすめ - ぱじゃくま子育てプチ情報


◯登降園用靴、外遊び用靴
靴を分けて使っていて2足必要な園もあります。

 

◯上履き
上履きを使用しないで裸足で過ごしている園もあります。


 ☆禁止されているもの


次に持ち物の注意点です。年齢に合ったものや集団保育でのトラブル防止のため、華美な物の禁止など細かい注意点がある場合があります。
今後新しく購入する際に以下のものを避けると、保育園でも問題なく使えると思うので参考にしてもらえたらと思います。


0歳児
・小さい飾りボタンなどのついた服
取れてしまったりすると口に入れてしまう可能性があり危険です。
また洋服についている小さい飾りボタンなどを食いちぎったりすることがまれにあります。
なんでも口に入れたがる年齢なのでそういったものは避けた方が良いでしょう。

 

1歳児
・つなぎの洋服
洋服や肌着はつなぎ(ロンパース)のものではなく上下別れている物を指定される場合が多いです。動きやすさ、着替えのしやすさの観点からも上下別のものを用意しておきましょう。

 

2歳
・肩口や背中(首の後ろ)にボタンのついていないもの
0~1歳児は先生が着替えをするのでボタンがついていても問題はありません。
2歳児になると自分で着替えをするようになるので、肩口や背中にボタンがついていると自分ではできない場合があります。着替えたいという意欲を育てるためにも自分で着脱しやすいものを選んであげましょう。

 

全クラス(0~5歳児)共通
・フードつき衣類、紐付き衣類、スカート、チュニック
遊んでいる最中に遊具衣類が遊具に引っ掛かる危険性があるので禁止にしている園が多くあります。


以上メジャーな準備品と避けた方が良い衣類をお伝えしました。是非参考にしてみてください。
準備はできたが次は名前つけ!たくさんのものに名前をつけなければなりません…。

これがまた大変なので名前つけおすすめ品を、こちらで紹介したいと思います。

www.pajakuma.com